2型糖尿病治療剤「ツイミーグ®」の国内における新発売のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、2型糖尿病治療剤「ツイミーグ®錠500mg」(一般名:イメグリミン塩酸塩、以下「本剤」)を国内において9月16日付けで発売しますので、お知らせします。本剤の発売は日本が世界で初めてとなります。

 

本剤は、既存の経口血糖降下剤とは異なるテトラヒドロトリアジン構造を有する新しいクラスの経口血糖降下剤であり、ミトコンドリアへの作用を介して、グルコース濃度依存的なインスリン分泌を促す膵作用と、肝臓・骨格筋での糖代謝を改善する膵外作用(糖新生抑制・糖取込み能改善)の2つのメカニズムにより血糖降下作用を示すと考えられています。これまでに実施した国内臨床試験において、良好な有効性、安全性および忍容性に関するデータが得られており、2型糖尿病における単剤およびインスリンを含む他の血糖降下剤との併用によるすべての血糖降下療法において、幅広く使用される治療薬となる可能性があります。

 

当社は、糖尿病領域を国内営業重点領域の1つに位置付けており、作用機序の異なる複数の2型糖尿病治療剤を販売しています。本剤の発売により、2型糖尿病患者さんに対する治療の選択肢を広げ、2型糖尿病の治療に一層貢献します。

 

(ご参考)

「ツイミーグ®錠500mg」の概要

 

【販売名】          ツイミーグ®錠500mg

 

【一般名】          イメグリミン塩酸塩

 

【規格・含量】        ツイミーグ®錠500mg:1錠中イメグリミン塩酸塩500mg

 

【効能・効果】        2型糖尿病

 

【用法・用量】        通常、成人にはイメグリミン塩酸塩として1回1,000mgを1日2回朝、夕に経口投与する。

 

【製造販売元】         大日本住友製薬株式会社

 

【承認日】                 2021年6月23日

 

【薬価収載日】          2021年8月12日

 

【薬価】                    ツイミーグ®錠500mg:1錠34円40銭

 

【包装】                    ツイミーグ®錠500mg:100錠[10錠(PTP)×10]

                                                                       400錠[瓶、バラ]

 

 

 

                                             以上