19世紀末パリからピカソ、ホックニーまで企画展「アーティストたちの室内画 – 見慣れない日常 – 」開催3月13日(土)~4月11日(日)、町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館に所蔵西洋版画コレクションおよそ140点を通じて、18世紀から20世紀までの「室内画」の歴史をたどる企画展「アーティストたちの室内画 – 見慣れない日常 – 」を開催します。

チラシ画像

「室内画」とは、プライベートな部屋をテーマとする絵画のジャンルです。描かれたのは、その時代を生きた人々の何気ない日常。いつも目にしている光景も、アーティストたちにとっては尽きせぬ着想源となってきました。

この展覧会では、近年注目を集めている19世紀末フランスのナビ派をはじめ、シュルレアリスム、ポップ・アートなどの幅広い年代の西洋版画を通じて、室内画の歴史をたどります。パブロ・ピカソやデイヴィッド・ホックニーの名品が一堂に会すことも見どころの一つです。

また、お茶の水女子大学教授・天野知香氏による記念講演会「『密』な世界 – モダン・アートにおける室内」の他、担当学芸員によるギャラリートーク、弦楽四重奏やサックス四重奏による室内楽コンサート等の関連イベントも開催します。

様々な社会階層の人々が集まるパリのアパルトマン、社会のめまぐるしい変化から逃れる隠れ家、芸術的探求に没頭する実験室、非日常を予感させる密室、さまざまな部屋をめぐって、アーティストたちの「おうち時間」を覗いてみてはいかがでしょうか。

■開催概要

※状況により会期等を変更する場合があります。ご来場前に公式ホームページ・SNSでご確認下さい。

展覧会名   : アーティストたちの室内画 – 見慣れない日常 –

         Strange Rooms:Interior Scenes by the Modern Artists

主催/会場  : 町田市立国際版画美術館(町田市原町田4-28-1)

会期     : 2021年3月13日(土)~4月11日(日)

休館日    : 月曜日

開館時間   : 平日 10:00~17:00(入場は16:30まで)

         土日 10:00~17:30(入場は17:00まで)

観覧料    : 一般=800(600)円、大・高生=400(300)円、中学生以下は無料

         *()内は20名以上の団体料金。

         *身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または

          精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と

          付き添いの方1名は半額です。

         *展覧会初日の3/13(土)は入場無料。

アクセス   : 小田急線・JR横浜線町田駅より徒歩15分

WEBサイト   : http://hanga-museum.jp/

同時開催   : 常設展示室ミニ企画展「シリーズ現代の作家 草間彌生」

         ※入場無料 2021年4月11日(日)まで

■関連イベント

◆記念講演会「『密』な世界 – モダン・アートにおける室内」

講師:お茶の水女子大学教授・天野知香氏 ※手話通訳あり

3月20日(土) 14:00~15:30

*定員60名、要整理券

*整理券は当日12:00から1階受付で配布します。

*整理券と当日有効の観覧券をご用意のうえ、1階講堂にお集まりください。

◆担当学芸員によるギャラリートーク

(1)3月21日(日) 14:00~、30分程度

(2)4月3日(土) 14:00~、30分程度

*場所:企画展示室1

*当日有効の観覧券をご用意のうえ、2階企画展示室入口にお集まりください。

◆室内楽コンサート

弦楽四重奏 3月14日(日)

(1)13:30~14:00 (2)15:00~15:30

出演:Quartet Paradox

   ヴァイオリン:西原史織、大槻桃斗、

   ヴィオラ:世川すみれ、チェロ:飯島奏人

サックス四重奏 3月28日(日)

(1)13:30~14:00 (2)15:00~15:30

出演:ハッピー☆マッキーSAXカルテット

   ソプラノサックス:河西麻希、アルトサックス:木藤良朝子

   テナーサックス:北嶋恭子、バリトンサックス:石岡公恵

*各回定員60名、要整理券

*整理券は各回30分前から1階受付で配布します。

*整理券と当日有効の観覧券をご用意のうえ、1階講堂にお集まりください。

■主な出品作品

ウィリアム・ホガース『娼婦一代記』より、1732年、 エッチング・エングレーヴィング、町田市立国際版画美術館蔵

モーリス・ドニ『愛』より、1899年、 リトグラフ、町田市立国際版画美術館蔵

フェリックス・ヴァロットン《信頼》、1895年、 木版、町田市立国際版画美術館蔵

アンリ・マティス《眠るオダリスク》、1929年、 リトグラフ、町田市立国際版画美術館蔵

ジュール・シェレ《サクソレイヌ、安全灯油のポスター》、1895年、 リトグラフ、町田市立国際版画美術館蔵

<町田市立国際版画美術館について>

小田急線町田駅、JR横浜線町田駅からそれぞれ徒歩15分、緑と水が豊かな芹ヶ谷公園内にある、世界でも数少ない版画を中心とする美術館。

年間を通じてバラエティに富んだ展示を楽しめるこの美術館では、ヨーロッパ中世から現代まで広く版画作品を蒐集しており、収蔵数は3万点以上に及ぶ。

展示室のほかに版画工房やアトリエも備え、刷り体験などができる。