DHL、航空貨物拠点の成田で『IATA CEIVファーマ』再認証を取得

・DHLグローバルフォワーディングジャパンが、ライフサイエンス・ヘルスケアの輸送における最高水準のサービスの提供により、IATAから再認証を取得
・航空貨物市場のリーダーであるDHLは、品質保証への取り組みにより、複雑な輸送において地位を確立
・IATA認定のDHLライフサイエンス・スペシャリスト研修プログラムのトレーニングを受けた優秀な人材による取り扱い

2020年11月25日:ドイツポストDHLグループにおいて航空・海上輸送を担うDHLグローバルフォワーディングは、成田の航空貨物拠点において、IATA(国際航空運送協会)が策定した医薬品輸送における国際品質認証である『IATA CEIVファーマ』※1の再認証を取得しました。CEIVファーマは、コンプライアンスを順守したネットワークにおいて、統一されたプロセスのもと、高品質のサービスを保証します。

DHLグローバルフォワーディングの北アジア南太平洋地区CEOおよびDHLグローバルフォワーディング ジャパン株式会社 代表取締役社長のチャールス カウフマン(Charles Kaufmann)は、次のように述べています。「今年は、ワクチンのロジスティクスが大きな課題となっており、当然のことながら、ライフサイエンス・ヘルスケア貨物のサプライチェーン基準の精査が強化されています。日本のライフサイエンス・ヘルスケア業界のお客様のため、ロジスティクスリーダーとして、最高水準の維持を約束する上でも、成田カーゴセンター(航空貨物拠点)において、『IATA CEIVファーマ』の再認証を取得できたことを喜ばしく思います。」

DHLグローバルフォワーディングのネットワーク&品質担当グローバルヘッド、温度管理ソリューション担当のニーナ ハインツ(Nina Heinz)は次のように述べています。「ライフサイエンス・ヘルスケア業界全般において、特に製品の輸送や保管に関する規制や要件は、着実に増加してきました。DHLは長年の間、業界のアイデアとイノベーションのリーダーである一方、常に改善の余地があることを認識しています。『IATA CEIVファーマ』の再認証を取得したことにより、当社が常にサービス品質を向上させることに重点を置いており、温度変化に敏感な製品の輸送において、信頼のおけるパートナーであることを示しています。」

DHLは医薬品業界の規制強化に伴う需要に適切に応えるため、IATAによる継続的な取り組みに、積極的に協力をしてきました。航空貨物業界における標準化されたアプローチであるCEIVファーマの再認証により、生産性、正確性、信頼性が向上すると同時に、必要なすべての分野においてコンプライアンスを維持しています。2016年に医薬品ロジスティクスの水準を高めるため、世界のDHL各拠点で『IATA CEIVファーマ』の認証を開始しました。そして、第三者機関による独立した監査と従業員向けの現場研修を実施し、成田の航空貨物拠点DHL GxP(適正 x 基準)は、品質ラベルの更新を成し遂げました。これにより、DHLグローバルフォワーディングは、医薬品輸送や保管の品質は更に向上し、標準以上のサービスを提供しています。成田のGxP施設は、580m2が2~8℃、1,000m2が15~25℃での管理が可能です。

ライフサイエンス・ヘルスケア業界のリーダーとして、お客様や規制当局の期待に応えるために世界中の社員に、重要な教育を実施しています。専門的なトレーニングプログラムを実施することにより、世界中の主要なGxP施設においてIATAの基準が大幅に適用されました。CIF認定ライフサイエンス・スペシャリスト研修(CLSS)プログラムでは、専門業界の知識を深めるための学習や必須のトレーニング、包括的なカリキュラムを実施しています。他拠点の温度管理施設と同様に、ライフサイエンス・ヘルスケア貨物の取り扱いに従事する全ての従業員は、トレーニング課程を修了し、ライフサイエンス・スペシャリストとして認定されています。これにより温度変化に敏感な貨物には細心の注意を払い、業界基準に準拠した高品質のサービスを保証します。

世界中の各拠点にてIATAは、Temperature Control Regulations(TCR)、欧州連合(EU)、世界保健機関(WHO)、規制機関が定めるGDP(Good Distribution Practices)ガイドラインに準じているかを検査しています。

DHLは世界中のネットワークを活用し、Air GxPの拠点において、輸送時間や温度管理に注意を要する航空貨物を対象とした幅広いサービスを基に、シームレスな温度管理と可視性を提供し、ライフサイエンス・ヘルスケア業界のロジスティクスソリューションにおいてマーケットリーダーの地位を確立しています。このほど、DHLグローバルにおいて、ワクチンと医薬品の安定したサプライチェーンの確保と、新型コロナウイルスのさらなる蔓延に対応するため、温度変化に非常に敏感なワクチンの効果的な輸送と管理方法に関するホワイトペーパーを発表しました。

We would like to add the address where people can read the full article of the whitepaper

ホワイトペーパーの全文は、下記からお読みいただけます。

https://www.dhl.com/global-en/home/insights-and-innovation/thought-leadership/white-papers/delivering-pandemic-resilience.html

※1IATA(国際航空運送協会)が策定した医薬品の航空輸送に関する品質認証制度。世界各国で異なる医薬品の保管・輸送基準(GDP)を包括した高い基準を定めている。

■DHL – 世界のロジスティクス企業

DHLは、世界のロジスティクス産業をリードするグローバルブランドです。グループ各部門が提供するサービスは、他の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの商品配送、フルフィルメントサービス、国際エクスプレス、陸上・航空・海上輸送、産業別サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で38万人の従業員が、人々とビジネスを確実に繋ぎ、グローバルでサステナブルな貿易の実現を可能にしています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エンジニアリング、エネルギー、自動車、そして小売りなど多くの成長産業や市場向けにソリューションを提供し、「世界のロジスティクス企業」として位置付けられています。

DHLは、ドイツポストDHL傘下のブランドで、グループ全体の2019年の売上高は630億ユーロ超に達します。社会と環境にとってサステナブルなビジネスの実現とその約束として、グループを通じて世界に貢献しています。ドイツポストDHLグループは、2050年までにロジスティクスにおけるゼロ・エミッションの達成を掲げています。