移動スーパー「とくし丸」を宇治市広野町周辺で11月13日(金)運行開始!

~地域密着型スーパーマーケットとして
「お客さまのお買い物サポート」に取り組みます~

 近鉄グループの株式会社近商ストアは、株式会社とくし丸と提携し、11月13日(金)からハーベス大久保店(宇治市広野町)周辺において、当社として京都府内で“初めて”となる移動スーパー「とくし丸」近商ストア10号車の運行を開始します。

 この移動スーパー「とくし丸」は、お客さまへのさらなる買い物サポートを目指して開始したもので、冷蔵機能を備えた軽車両に、生鮮食品・お惣菜・日用品等(約400品目1200点)を積み込んでおり、お客さまのお宅を個別に訪問して販売を行うため、一人暮らし高齢者の「見守り役」としても地域に貢献しています。当社では2018年4月に奈良県生駒市で運行開始以降、大阪府堺市や奈良県大和郡山市などの9か所で展開しております。

 当社では、これまでも店頭でお買い上げいただいた商品を自宅までお届けする「宅配サービス」や、お買い物を終えてお帰りになるタクシー代の一部を負担する「楽タクサービス」等を通じて、お客さまのお買物サポートに取り組んできました。「お買い物」は、生活の中の「お楽しみ」でもあります。現物を「見て・触って・感じて・選んで」いただくことができる「とくし丸」の運行を通じて、より多くのお客さまに「お買い物」の楽しみを感じていただければと考えています。また、お客さまから需要が高いことや、地域密着型スーパーマーケットとして「お客さまのお買い物サポート」に取り組むため、将来的な目標台数を当初計画の計20台から計30台に変更し、他店舗での運行も検討しております。

 また、当社では、今般の運行予定地区内の「ハーベス大久保店」を11月5日(木)リニューアルオープンします。同店は近鉄京都線大久保駅高架下に位置し、通勤帰りや駅利用時などにもお立ち寄りいただきやすい立地にあるため、駅の改札側入口付近にデリカコーナーを設け、出来立て商品、半調理などの簡便商品や少量パック商品を充実させました。また、お買い回りいただきやすいように通路幅を広げ、レストスペースを整備するなど、ゆとりのある空間でお客さまをお迎えします。

※「ハーベス大久保店」のリニューアルオープンに関しては10月23日のニュースリリースをご参照ください。

1.運行開始日

 2020年11月13日(金)

2.運行エリア

 ハーベス大久保店周辺エリア(宇治市広野町)を運行

 ※KINSHO向島店(京都市伏見区)の商品を積み込みます

3.移動スーパー「とくし丸」   

 ・2012年に徳島県でサービスをスタート、地域のスーパーマーケット133社と提携し、全国46都道府県で600台以上が走っており、2020年秋には47県目の沖縄県でも運行開始される予定です。

 ・冷蔵機能を備えた軽車両に、約400品目1200点の生鮮食品・お惣菜・日用品等を積み込み、お客さまのお宅を個別に訪問して対面販売を行います。

 ・地域の自治体や警察署と協力しながら、お客さまに体調不良の兆候等があった場合は地域包括センター等に連絡、詐欺事件を防止する注意喚起をするなど地域の安全も見守っています。

・「とくし丸」というネーミングは、「篤志(とくし)=志の熱いこと。社会貢献事業や公共 の福祉に熱心なこと」という意味も含まれています。