うれしい低糖質 賢い間食 金のナッツ シリーズ 「クルミ」 「カシューナッツ」 新発売! 低糖質で栄養豊富、しかも美味!間食にピッタリな小分けナッツ♪

ANAフーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土井孝浩、以下ANAフーズ)は、栄養豊富で低糖質の“間食”に最適な小分けナッツ「のナッツ」シリーズの第2弾として「クルミ」と「カシューナッツ」の2種類を開発、4月より発売しておりましたが、7月より本格的に販売を開始しました。
近年ナッツ類は、 “ロカボナッツ”と呼ばれ、人気が高まっています。ANAフーズは、「うれしい低糖質」「賢い間食」をキャッチフレーズに食事と食事の合間の空腹を満たす「間食」に、低糖質の「金のナッツ」シリーズをご提案します。

のナッツシリーズから、クルミカシューナッツの2種類が新発売


品 名: 賢い間食 のナッツ クルミ
規 格: 125g(5袋×25g)
価 格: 498円(参考小売価格、税別)
特 長: クルミには人の体内で作られないオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、葉酸や鉄分が豊富に含まれています。間食にはもちろん、サラダやお菓子作りなど用途は様々です。さらに保存料、食塩も不使用です。

品 名: 賢い間食 のナッツ カシューナッツ
規 格: 125g(5袋×25g)
価 格: 598円(参考小売価格、税別)
特 長: カシューナッツは亜鉛や鉄などのミネラルや、ビタミンB1が豊富に含まれており、そのままはもちろん、料理の材料としてもお使いいただけます。さらに保存料、 食塩も不使用です。

軽めの間食はむしろオススメ

食事と食事の間の小腹が空いた時についつい「間食」をたくさん食べてしまうことはありませんか?「間食」をとり過ぎると、食事のリズムやバランスに影響してしまいます。「金のナッツ」シリーズは、1日1回の間食の目安を25gとして個包装パックにしましたので、「間食」の食べ過ぎが予防できます。
また、良質な脂質と栄養素を含み、歯ごたえもある「金のナッツ」は、“軽めの間食”を実現する「金の選択」と言えるものなのです。「金のナッツ」シリーズは、下記の特長があります。

ナッツ類摂取の1日の目安25gを個包装パックにしたので、食べ過ぎが予防できる。※
ナッツ類は低糖質!(1袋25gあたりの糖質:クルミ/1.7g、カシューナッツ/5.6g)
保存料、食塩不使用の自然なおいしさ!
ナッツ類は食物繊維も豊富!(1袋25gあたりの食物繊維:クルミ/1.2g、カシューナッツ/1.1g)
ライトユーザーを掘り起こすため、参考小売価格を500~600円前後に設定。ナッツ類は高単価で販売されている事が多いですが、「金のナッツ」はナッツ購入が初めての方も手に取りやすい価格です。
※ ナッツ類は高栄養なので食べ過ぎには注意が必要です。

ナッツに含まれる栄養素の機能と効果

葉酸: 赤血球の形成やDNA合成に関わるため、男女とも全ての世代の人にとって必要な栄養素です。妊娠中、妊娠を予定している方に摂取が推奨されています。
オレイン酸: 血中コレステロールを適正に保つ働きがあり、善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールを減らす効果があるとされています。
カリウム: 人体に必要なミネラルの一種で、神経の興奮性や筋肉の収縮に関わっており、体液のpHバランスを保つ役割も果たしています。ナトリウムを身体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ちます。
(以上、クルミ、カシューナッツ共通)
オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸): 体内で合成できない、必須脂肪酸のひとつ。動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用を持っています。(クルミのみ)

*厚生労働省「e-ヘルスネット」より抜粋、構成。
*本品は多量摂取により疾病が治癒するなど、より健康が増進するものではありません。

■ 金のナッツアーモンド」「ミックスナッツも好評発売中

ANAフーズの「金のナッツ」シリーズでは、今年2月から先行発売している「アーモンド」と「ミックスナッツ」も好評です。「金のナッツ」シリーズは、今回発売の「クルミ」と「カシューナッツ」を加えて4種類となりました。


品 名:賢い間食 のナッツ アーモンド
規 格:125g(5袋×25g)
価 格:498円(参考小売価格、税別)
特 長:アーモンドには不飽和脂肪酸のオレイン酸などが多く含まれており、間食に適したナッツです。
保存料、食塩も不使用です。

品 名:賢い間食 のナッツ ミックスナッツ
規 格:125g(5袋×25g)
価 格:598円(参考小売価格、税別)
特 長:保存料、食塩不使用のミックスナッツ。香ばしくザクザクした食感のアーモンド、しっとり柔らかな食感のクルミとカシューナッツの3種を詰め合わせました。



ANAフーズ 会社概要

ANAフーズは、バナナの民間輸入がスタートした1955年からバナナを扱っており、現在はバナナを中心とした生鮮食品事業、プルーンやクルミ、レーズンやマンゴーなどのドライフルーツやナッツを輸入・販売している加工食品事業、日本国内の食材を海外へ発信する輸出事業や慶弔のカタログギフトを企画・仕入・販売をしているギフト事業など、国内外へ幅広く事業展開しています。
なお、バナナ事業では、エクアドル産の「田辺農園バナナ」、フィリピン産の「フレスカーナ」の両ブランドを輸入し、全国で販売しています。

[社 名] ANAフーズ株式会社
[代表者] 土井 孝浩(どい たかひろ)
[設 立] 1955年 8月 9日
[資本金] 3億2,300万円
[所在地] 東京都港区赤坂6-1-20 国際新赤坂ビル西館3F TEL: 03-6388-9673 (代)
[売上高] 376億円 (2018年度)
[株 主] 全日空商事株式会社
[従業員数] 230名(2019年6月30日現在)
[U R L] ANAフーズ:https://www.ana-foods.co.jp/

<本件に関する報道関係の方のお問合せは下記までお願いいたします>
全日空商事株式会社 経営企画部 広報担当 森川・早藤
TEL:03-6735-5090 FAX:03-6735-5035