【THK株式会社】自律搬送ロボット「Lifter付きSEED-Mover」の受注を開始

THK株式会社(代表取締役社長:寺町 彰博、以下、THK)は、独自開発による自律搬送ロボット「Lifter付きSEED-Mover」の受注を開始しました。それに先立ち東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)では、7月からロボットを導入してJR高輪ゲートウェイ駅構内(通常非公開のエリア)にて、実証実験を始めます。

 

「Lifter付きSEED-Mover」は、自律型の走行台車と昇降するリフターを組み合わせた自律搬送ロボットです。走行台車は狭所でも全方向移動、360°旋回が可能で、リフターは搬送物の昇降に加えて、前後の引き出し動作がおこなえます。  高輪ゲートウェイ駅での活用例では、リフターに積載した飲み物を指定の場所まで「自律移動」で搬送し、配膳時には受け取る人の取りやすい位置に合わせてリフターが上下に昇降して高さを調整します。また、昨今では感染症予防策の関心が高まり、人同士の接触を必要最小限にとどめるサービスが求められており、「非接触でのおもてなし」といった新様式のニーズにも対応できます。