セルトリオンとインフリキシマブBS点滴静注用100mg「CTH」の共同販売を開始

 

 

2020年7月1日

報道関係各位

東和薬品株式会社

セルトリオンとインフリキシマブBS点滴静注用100mgCTH」の

共同販売を開始

 

東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎、以下「東和薬品」)と、セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:チョイ・ジュシク、以下「セルトリオン」)は、セルトリオンが製造・販売する、抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤『インフリキシマブBS点滴静注用100mg「CTH」』の日本国内での共同販売に関する契約を締結し、本日、7月1日より開始いたします。

 

 インフリキシマブBS点滴静注用100mg「CTH」は、関節リウマチ、乾癬、炎症性腸疾患等の自己免疫疾患治療において重要な役割を果たしているインフリキシマブ(遺伝子組換え)製剤のバイオシミラーで、2017年からセルトリオンが日本で販売しております。

 当社は、本製剤の流通により、日本国内の患者さんのQOL向上に貢献を目的に、共同販売をいたします。

 

東和薬品では、いつの時代も世の中や地域社会に必要とされる企業を目指して、ジェネリック医薬品に加えバイオシミラーについて検討をおこなって参りました。この度、共同販売により初めてバイオシミラーを取り扱うこととなりました。今後も患者さまや医療関係者のニーズにお応えできる企業として取り組んでまいります。

以上

 

 

 

〈セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン株式会社の概要〉

セルトリオングループは、韓国インチョン市に本社を置く、モノクローナル抗体のバイオシミラー製造を中心とした総合ヘルスケアメーカーです。セルトリオン社は、RemsimaTM、TruximaTM及びHerzumaTMなどのグローバルの規制当局から承認を受けたバイオシミラーやウイルス性疾患に対する抗体医薬品の開発に焦点を当てています。2012年、最初のバイオシミラー(RemsimaTM)を上市致しました。

セルトリオン・ヘルスケア・ジャパンはCelltrion Healthcare Co.,Ltdの日本法人として国内におけるマーケティングと販売活動を行っております。