第159回中小企業景況調査(2020年1~3月)の公表について

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、理事長:豊永厚志、所在地:東京都港区)は、
第159回中小企業景況調査(2020年1-3月)の調査結果を公表いたしました。
2020年3月1日時点の調査であり、コロナウイルスの影響など特徴的な傾向が見られました。
【中小企業景況調査】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/index.html
【159回調査結果資料】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/frr94k0000000o7g-att/159th.pdf
【第159回調査のポイント】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/frr94k0000000o7g-att/point_159th.pdf

【調査結果の概要】
「中小企業の業況判断DIは、5期連続で低下した」
・2020年1-3月期の全産業の業況判断DIは、▲24.4(前期差3.3ポイント減)となり、
 5期連続で低下した。
・来期見通しについて、消費税引上げ以外の要因で3ポイント以上低下するのは今回が初めて 調査P12参照
・資金繰りDIは4期連続でマイナス幅が拡大 調査P14参照
・自由回答について調査開始以来最多の4,073件。約4割の1,607件がコロナウイルスに関連するコメントで、
 そのうち99%が今後を含めてマイナスの影響を感じていると回答(調査P11にコメント抜粋)

【調査概要】
・調査時点 2020年3月1日時点
・調査対象 全国の中小企業
・有効回答企業数 18,260社(調査対象企業数 18,930社)
・有効回答率 96.5%