テレワークによる労働者のコミュニケーション不安をWEB上で解消!同時に数百人が接続可能な「オンラインシェアオフィス」提供開始

株式会社テンタス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小泉 智洋)は、新型コロナウイルスの感染拡大により政府及び企業が強く推進を行っているテレワークを実際に実施している労働者の不安解消を目的とした「オンラインシェアオフィス」サービスを2020年3月18日より開始いたしました。

オンラインシェアオフィスの様子

■テレワークを実践しながらも円滑なコミュニケーションを育む場を提供

「オンラインシェアオフィス」とは、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ社が提供するビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」上に設置された仮想空間上のシェアオフィスです。テレワーカーやフリーランスなどのユーザーが個人宅などから接続を行い、他のユーザー達とオンラインシェアオフィス上にてコミュニケーションを取ることが出来ます。

同時に数百人の接続が可能で、仕事中だけでなくアフターワークなどではユーザー同士でのオンライン飲み会などの開催も実施いたします。

新型コロナウイルスにより将来への漠然とした不安を持ちながら仕事をしている人たちに対して、集まりやすい場を提供することで、少しでもこの時代を乗り切ることの出来る力になることが出来ればと考えて本サービスの立ち上げを行いました。

オンラインシェアオフィスではテレワーカーに向けた様々なオンラインイベントを企画しており、新型コロナウイルスの収束まで様々なコミュニケーションを提供いたします。

■サービス概要

サービス名: オンラインシェアオフィス

リリース日: 2020年3月18日(水)

URL    : https://onlineshareoffice.tentus.jp/

■会社概要

社名  : 株式会社テンタス

所在地 : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-20-1 共伸ビル4F

代表  : 代表取締役社長 小泉 智洋

設立  : 2011年10月21日

事業内容: デジタルプロモーションの企画、開発、運用

URL   : https://tentus.jp