国内クラウドファンディング累計1億144万円の支援を集めるOROSブランドの最新作”クオータージップ”がMakuakeにて発表・わずか数時間で100万円を突破

今もっとも”暖かい”ブランドとして世界から注目を集めるOROS。アウターウェアORION PARKAが空前の大ヒットとなり日本で急速に認知度が拡大。今回、OROSが技術を結集して作ったインナーウェア「クオータージップ」を発売開始しました。
Makuakeプロジェクトページはこちら
https://www.makuake.com/project/quarter_zip/
プロジェクト期間:2020年3月26日〜4月28日
 

■日本初上陸してから半年足らずで国内クラウドファンディングで累計1億144万円を達成

弊社はOROSブランドの魅力を日本に広げる活動をしています。2019年9月に日本初上陸を果たしてから、半年足らずで国内クラウドファンディングで累計1億144万円の支援を集めるブランドへと進化を遂げることができました。
ここまでの人気の広がりを見せた理由は何と言っても、”NASA技術を応用した革新的な素材”にあります。NASAが宇宙服の断熱材として使う素材を世界で初めてアパレルに応用したことで、異次元の暖かさ、機能美を兼ね備えた製品を生み出しているのです。

■OROSの技術を結集した”クオータージップ”
 

 

 

クオータージップには前面と背面に2mmの特殊素材”ソーラーコア”が搭載されています。この生地により、動きやすさを確保した状態で体温を暖かく保つことを可能としました。
 

■NASA仕様のスーパー素材”エアロゲル”
 

エアロゲルは地球上で最も断熱性に優れた素材と言われており、NASAが宇宙服に使用していることで知られています。宇宙服は断熱と動きやすさの両方が求められるため、NASAはその両方を実現する素材を長年にわたって研究開発していました。
その結果、エアロゲルという素材にたどり着いたのです。

【実験中!】エアロゲルの上にあるのは・・​

なんと・・チョコレートです!
下から火であぶっても、チョコレートは溶けず、エアロゲルが完全に断熱している様子がわかります。

メーカーのOROSは、エアロゲルを特殊加工して、たった2〜3ミリの生地”ソーラーコア”を独自に開発しました。

宇宙科学で注目される素材を一般のアパレルに応用したのです。その結果、圧倒的な超防寒を実現することに成功しました。

ソーラーコアは通気性抜群のため、アクティブに動いて汗をかいても蒸れない構造です。外側からは防水仕様&内側からは通気性抜群という両面でのいいとこどりを実現しています。

■OROSの製品開発にかける情熱
OROSの製品開発は、一般に流通する既存のウェアへの”不満”からスタートしました。
暖かさを得るために、大量のフェザーを使用したウェアは着ぶくれする…。かといって、動きやすさを得るために、薄っぺらい生地を使用すると寒い…。

こんな相反する不満を一つずつ解決するため、彼らは生地選びに徹底的にこだわりました。
ところが、世の中に一般に流通しているあらゆる生地を見渡しても、”これだ!”というものにはなかなかたどり着かなかったのです。

結果、生地製作から自社開発するという試練を選択したという経緯がありました。

また、開発の途中、人間がフェザーを大量に使うことによる地球環境へのダメージや、動物愛護とは真逆にある状況に直面したこともあり、OROSが使う素材は地球と共存できるもののみにすることを決断するに至ったのです。

ウェアを作るという枠組みを超えて、”プラネットレベルでのインパクトを打ちだそう” という、一つの新しいテーマが生まれた瞬間でもあります。
 

 

■商品仕様

 

■会社概要
・会社名称 :株式会社エクセルリビング / OROS JAPANとして活動 
・代表取締役 :矢島友和
・本社所在地 :東京都世田谷区尾山台2-19-7レオ尾山台102
・設立 :2017年12月
・資本金 :3,000,000円
会社ホームページ
https://www.excelliving.net
OROS JAPANオンラインストア
https://www.oros-japan.com

プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/quarter_zip/